25分1000円のカフェマンツーマン英会話

  1. ファッション
  2. 47 view

立体裁断を英語で言うとなんというでしょう

立体裁断を英語で言うと、”Draping” = 「ドレーピング」になります。

”Drape” とは、布などが緩やかに波打つ状態を表しています。

ボディーの上に布を合わせて、シルエットを形作っていく Draping。

平面では表現しきれない凹凸感を出すには欠かせないドレーピング。

アメリカでは、ドレーピングができるデザイナーはとても重宝され、お給料もぐんと上がります。

ドレーピングができるということは、作成する服の立体感が頭の中でイメージできることになるので、

ドレーピングの知識がある、無いでできるデザインも変わってきます。

細部にわたる凹凸感を表現できることで、デリケートで美しいデザインが可能になります。

ちなみに “Draping” の発音は、「ジュレーピング」です。

「ドレーピング」とは発音しません。

 

Can you drape this design with this fabric.

このデザインをこの生地で立体裁断してくれない?

Sure, let me take a look at the design and the fabric.

いいですよ。デザインと生地を見せてください。

ファッションの最近記事

  1. ファッション英会話辞書:Embroidery(刺繍)

  2. ファッション英会話辞書:Balaclava(目出し帽、バラクラバ)

  3. ファッション英会話辞書:Bustle(バッソー)

  4. ファッション英会話辞書:Bustier (ビスチェ/ブースティエー)

  5. ファッション英会話辞書:Bishop Sleeve(ビショップ袖)

関連記事

PAGE TOP