25分1000円のカフェマンツーマン英会話

  1. ファッション
  2. 14 view

ファッション業界では英語力はどれくらい必要?

世界的なグローバル化が進む中、日本のファッション業界でも急速な変化が進んでいます。

このグローバル化時代にファッション業界では、どれくらいの英語力が求められているのでしょうか?

 

Sales Clerk(ショップ販売員)であれば、急増する外国人観光客への接客対応。

Designer(デザイナー)やPattern Maker(パタンナー)であれば、商品企画や製作でのチームミーティングでの円滑なコミュニケーション。

Merchandiser(マーチャンダイシング)・Buyer(バイイング)・Sales(セールス)では、顧客に対するプレゼンや交渉。

 

役職によって、求められる内容は異なりますが、最低でも日常会話レベルの英会話力は身につけておくと、会社への貢献度や昇進に役立つでしょう。

 

日常会話レベルを、検定試験や資格の数値で見てみましょう。

 

・CEFR(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment:外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠):A2

・英検: 準2級〜2級

・TOEIC:450〜500点

・一般的な英会話スクールでは、Pre-Intermediate(初中級) 〜 Intermediate(中級) レベル程度を表します。

 

ファッションの最近記事

  1. ピアス」は英語で通じない?

  2. 「ワイシャツ」は英語で通じない?

  3. 「パーカー」は英語で通じない?

  4. 「ワンピース」は英語で通じない?

  5. 「トレーナー」は英語で通じない?

関連記事

PAGE TOP