25分1000円のカフェマンツーマン英会話

  1. ファッション
  2. 1186 view

「ニット」はアメリカでは意味が異なるので注意?

「ニット」はアメリカでは意味が異なるので注意?

日本で使用するファッション用語「ニット」(Knit) は、アメリカ英語では意味が違います。

アメリカで長年過ごしたファッション業界から、日本のファンション業界に来た時に気づいたこと。

日本では「セーター」(Sweater)のことを「ニット」(Knit)と言いますが、アメリカでは「セーター」は「セーター」と言います。

日本で言う「カットソー」(Cut & Sewn) は、アメリカでは「ニット」と言います。

ちなみに、アメリカでは「カットソー」という単語は使いませんし、言っても通じないのでご注意。

ニットは全て編立て作成、カットソーは編立た大きな編地をを裁断して縫製します。

ファッションの最近記事

  1. バイキングmoreから取材依頼がありました。

  2. 巻尺を英語で何という?

  3. 「チャコ」を英語でいうと?

  4. ファッション業界の不況

  5. SPAは英語で何と言いますか?

関連記事

PAGE TOP